建設業には沢山のやりがいがあると私たちは思っています。
人々の生活がある場所には必ずといって建造物が存在します。
その建造物で人々の暮らしを豊かにする事、生活の一部になって人々の記憶に残る事、心に残る事、
そんな生活の場所を建築物で造れる、人々の役に立てる誇れる仕事です。

キャリアアップの取り組み

Career advancement

見谷組は社員の成長こそが会社の成長につながると考えています。

そのために見谷組で取り組んでいるキャリアアップするための取り組みについてのご説明をさせていただきます。

お知らせ

Information

代表取締役副社長 見谷 頼貞

建築物は街のシンボル。子どもの頃から夢があると感じていました。その思いを胸に、大学で建築を学び設計事務所で経験を積んだ後、26歳で入社。改めて知ったのは、さまざまな建築物や新技術に挑戦してきた道のりや、人と人とのつながりを大切にしてきた自社の歴史でした。だからこそ社員たちが育ち、一般住宅から大型建築物までを任せてもらえる総合建設業に成長することができました。
90周年を迎えた2013年、親しみや魅力を感じてもらいたいという思いから『MILKEN みるけん』の新グループ呼称を提案しました。その成果は少しずつ現れ、2019年までに、計10数名の新入社員が入社し、20代30代の若手社員を中心にしたプロジェクトチームも立ち上げることができました。
私の役割は、社員が提案しやすい環境をつくり、一緒に成長することだと思います。プロジェクトチームでは、ドローンとモデリングソフトウェアを組み合わせた施工現場の3次元パースや、新たな工法の開発に挑戦しています。既に実施している手厚い資格手当などを活用し、働きながら学べる環境づくりも進め、社員のモチベーションを高めています。2023年には、創業100周年を迎えます。北陸新幹線が開通する年であり、全国から福井への注目が集まります。見谷組は、建築品質はもちろん、お客さまが求める以上の価値を提供し続け、福井の街にインパクトを与える企業であるために、社員と共に、MILKENブランドづくりに挑みます。

会社情報

Company information

初代社長見谷貞が大工の親方として大正12年7月1日見谷組を創業。
昭和41年4月1日に株式会社に組織変更して株式会社見谷組へ。
平成元年に不動産部を独立し「株式会社エムアール福井」を設立。
平成14年に住宅事業部「みるほ~む」を立ち上げ住宅事業を本格展開。
平成25年7月には創立90周年、新呼称を「MILKEN(みるけん)」とし、
持株会社「ルックバレーホールディングス」設立。

主な建設実績

Recent construction results

勝山ジオアリーナ